顔のうぶ毛

顔のうぶ毛処理をしないと・・・

tanimatukurikata
顔のうぶ毛って処理してますか?

 

 

うでや足、ワキと違って目に見えるぐらい濃くはならないから見逃しがちなんですが、

 

 

間違ってますよ!!

 

 

だって、うでや足、わきよりもむしろ常に露出してるところですよね?

 

 

それに、一見、生えてないようにみえて実はあなたの顔にもたくさんのうぶ毛が生えてる可能性が高いです。

 

 

顔のうぶ毛をしっかりと処理していないと何が起こるかというと、顔のくすみが出てきます。

 

 

うぶ毛といっても毛は毛なので色は黒に近いです。当然その本数が多ければ多いほど、自然と顔色が暗くくすんで見えてしまいます。

 

 

顔のうぶ毛を処理する時の注意点とは?

tanimatukurikata
顔のうぶ毛を処理する上で気をつけたいのは、

 

 

傷つけない

 

 

ということです。

 

 

身体の中でも顔は凄くデリケートな部位ですし、何といっても傷つくと目立ちます。

 

 

例えば、t字のカミソリなどでガリガリやっちゃうと失敗したら普通にケガになりますし、そうじゃなくても肌に負担をかけるので、何も考えずに処理をしていると、メラニン色素が作られて、肌がよりくすんでしまう原因になります。(同じ理由で毛抜きもNG!!)

 

 

ただカミソリは一番手っ取り早い方法なので、使う場合はL字のカミソリで処理すると良いです。

 

 

あと、顔のうぶ毛を処理する場合は、

 

 

1、剃る前にしっかりと顔をあたためる

 

2、夜など1日の終わりに剃る

 

 

この2つが重要です。

 

 

1は、毛穴を開くことで毛を剃りやすい状態をつくり、結果、肌への負担を減らします。

 

 

また2は、毛を処理した後の肌は少なからずダメージを受けて敏感になっているので、その状態で紫外線を浴びてしまうと、よりダメージを大きくしてしまいます。

 

 

顔のうぶ毛を処理する方法!

 

顔のうぶ毛を極力、ダメージを少なく処理する方法としては、

 

 

1、脱毛器を使う

 

2、抑毛ローションを使う

 

3、脱毛サロンに行く

 

 

この3つです。

 

 

順番に説明します。

 

 

1、脱毛器を使う

 

家庭用の脱毛器があるのですが、1台もっておけば、好きな時に好きなだけ毛の処理をすることができます。

 

 

カミソリと違って、肌への負担が少ないので顔のうぶ毛処理には最適です。

 

 

人気や実績でいえば、間違いなくケノンがおすすめです。

 

 

2、抑毛ローションを使う

 

いくら肌へ負担をかけるからといって、カミソリを使わないことは難しいと思います。

 

 

ですが、さっきも言ったように出来る限りはその頻度を少なくしていくことが大事です。どうすれば良いかというと、抑毛ローションを使うことです。

 

 

抑毛ローションは、次から生えてくる毛を薄くしたり、そのペースを遅くしてくれます。
カミソリで毛の処理をした後に、抑毛ローションを使うことでアフターケアにもなりますし、抑毛効果も期待できます。

 

 

抑毛ローションとしては、パイナップル豆乳ローションがおすすめです!

 

 

3、脱毛サロンに行く

 

脱毛サロンは部位ごとに処理してもらうこともできます。

 

 

利用したことがない人は、「凄く高そう」といったイメージがあると思いますが、脱毛サロンによってはお試しコースなどもあり、数百円から受けられるようなところもあります。

 

 

脱毛のプロがやってくれるだけあって、その信頼性は一番高いです。

 

 

顔のうぶ毛処理まとめ

 

顔のうぶ毛を処理する時の注意点や、肌を極力傷つけない方法について書いてきました。

 

 

どれも、自分の状況に合わせておこなえるものなので、今すぐにでも始めることをおすすめします。

 

 

早めのケアが1年後、5年後と確実に影響が出てくるでしょう!